ギターが必ず上達する!初心者を脱出する方法と対策!

こんにちは!ギターが大好きなmiraiです。

ギターを始めたのは中学3年生の頃で、かれこれ10年以上弾き続けています。

ただ最初始めた頃は、色々と苦労しました・・

初ライブで音が出なくなって恥ずかしい思いをする。

チューニングがちゃんと出来ておらず、ギターが上手い友達に馬鹿にされる。

Fコードがちゃんと鳴らない。等々いろいろですね・・

そんなわけで今回は始めた最初全くギターが弾きなかった僕が、どのようにしたら

ギター初心者を脱出出来たのか解説します。

ギターが必ず上達する!初心者を脱出する方法と対策!

そもそも前提としてギターは難しいです笑 まず弦が6本もある!!指板が広い!

最初はC(ド)の音がどこにあるのかも正直分からなかったです。。

今考えるとギターを最初始めた頃はキレイにコードを鳴らすことも難しいと感じます。

なんと初めて1年以内に9割の人がギターを続けることを諦めているのだとか。このデータは結構衝撃ですよね。でもせっかくギターを始めたのから早く上達したいですよね。

まずご紹介する方法はこちら!

毎日10分でも良いので触る。音を出す。

方法といいますか、ギターに対しての向き合い方・姿勢になります。

ギター以外にも言えることですが、毎日少しの時間でも良いので続けることが大事です。

理想はギターを弾くということが、毎朝起きて歯を磨くことのように自然な状態になること。

ソファでテレビを見ながらでも良いですし、とにかくギターに触れること。

続けることでギターが手に馴染んできます。

僕も毎日ギターに触れていたら、気づかないうちにアドリブソロが弾けるようになりました!

自分の出した音を録音して聞いてみる。

スマホでも良いですし、本格的にDTMなど導入して自分の演奏を客観的に聞いてみる。

音作り、リズム感(走っているかもたっているか)、音のアクセント(強弱)などが鮮明に分かります。

憶測ですが大体の初心者のかたが、曲をコピーして適当に練習してはい終わり!みたいな感じで練習していると思うんですよね。

ただ上手くなりたいのであれば、録音は必須です。

僕が大好きなバークリー音楽大学ギター科講師、トモ藤田さんも同じことをおっしゃっております。

毎回練習中に自分が弾いたフレーズであったり、基礎練習などをスマホやDTM上で聞いて確認することが大事です。

録音した音源を聴きなおしてみると、ここはもっと音を伸ばした方がカッコイイなとか、ここはもっとタイトに弾くべきなど色々と発見があります。

あと録音しながら演奏すると、誰かに見られているかのような感覚があり、良い緊張感をもつことも出来ます笑

メトロノームを使って基礎練習

これすごく大事です。メトロノーム?そんなの持ってないよ、って方も多いと思います。

ただギターが上手くなりたいのであれば絶対買ってください。特に基礎練習や運指練習で活躍します。

最初はゆっくりのテンポ(30~40)で練習することがオススメです。メトロノームを使用した練習は以下の効果があります。

・メトロノームを意識して練習することで、リズム感が安定し結果ギターが上手くなる。

・ドラムのビート感(2泊、4泊)を意識した練習をすることで、バンドで合わせた時にプレイが安定する。

ギターを弾いているどんな瞬間でも、良いタイム感をキープして演奏することができるようになります。

好きなギタリストのコピー(真似)をする。

ギターを続けていると、好きなギタリストやこんな風に弾けるようになりたいと思う憧れの人が見つかると思います。

僕の場合は国内だと長岡亮介さん(東京事変、ペトロールズ、星野源のサポート等)が好きです。

好きなギタリストが参加しているバンドの曲などをよく聞いてコピーすると良いですよ。

長岡さんのプレイはルーツがカントリーミュージックなので、なかなかコピーするのも大変だとは思いますが。。。

スタジオミュージシャン系だと、田中義人さん。

田中義人さんはケツメイシの曲でよくギターを弾いていらっしゃるので、ケツメイシの楽曲を分析するのもオススメです。

ケツメイシの楽曲ってしっかりバックの演奏を聞くと、曲に入っているギターがめちゃめちゃカッコイイことがわかると思います。

田中さんのプレイはオシャレでクールで繊細です。

オススメは定番曲「夏の思い出」ですね。心地よいカッティング、ブルース感たっぷりのギターソロ、ディレイの掛け方。昔こちらの曲はコピーしましたね。

ほんとオシャレなプレイで参考になります。

プロギタリストにレッスンを習う。

僕は最初独学でギターを2年くらいやりました。

最初の頃は学校で仲の良い友達とバンドを組んだり、ネットでバンドメンバーを募集してコピーバンドを組んだり。

ただやっぱり独学で続けると変なクセがついていることが多いです。

僕の場合はオルタネイトピッキングがしっかりと出来ていなかったため、リズムが安定してなかったのです。

出来ていなかったことに全く自分で気づかなかった。

プロギタリストに習うことで、基礎的な部分から改善が期待出来、上達が早まります。

やはりプロの方の演奏を間近で聴くと、リズムの取り方だったりグルーブ感がもの凄いです。

ちょっとしたバッキング(コード演奏)を弾くだけでも、後ろでドラムが鳴っているかのようなグルービーな演奏になります。

今はスカイプなどのオンラインレッスンでもギターを学ぶことができるので、オススメですよ!

ギターを上手くなりたいあなたへ!

冒頭でも触れましたが、9割の人がギターを続けていることを諦めている中で、ずっと弾き続けるって大変かもしれません。

ただギターは素晴らしい楽器です。

ギターを続けることで人生に彩りが出ます。

個人的にギターはこの上なく最高の趣味だと感じます。

今回はギター初心者から脱出する方法をご紹介しました^

ではまた次回の更新もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました