人見知りの僕が苦手なシチュエーション10選を発表します!

こんにちは!ブロガーのmiraiです。

また斬新なタイトルとなってしまいました笑

人見知りの性格をしていると、いろいろな場面で気をつかって生きていかなければいけません。

いわゆる苦手なシチュエーションっていうのがかなり存在します。

僕は今まで人生のさまざまな場面で苦労をしてきました笑

人見知りの僕が苦手なシチュエーション10選を発表します!

今回はそんな人見知りの僕が、苦手な状況・シチュエーションを10つ(かなり厳選します)紹介します。

きっと僕と同じような人見知りの方は、記事の内容に共感していただけるはずです笑

最後まで楽しみながら読んでください!

飲み会(職場、同窓会など問わず)

はい、いきなり本命でました!そう飲み会です笑

人見知りの僕にとって飲み会は、地獄の1歩手前くらいな場所です。

日本の会社って飲み会文化がありますよね。飲みニケーション!とか言って毎月開催するみたいな。

正直飲み会って人見知りの人にとっては拷問以外のなにものでもないです。

飲み会参加したら給料増やすっていう条件でも行きたくないです笑 

そもそもそんなにお酒が飲みたいのであれば、飲みたい人だけで飲み会をやれば良いのです。

日本人は何かと大勢で群れたがる性質がありますよね・・・

職場のエレベーター

職場のエレベーターって色んな人が乗ってきますよね。

仲の良い同僚なら全く問題ないです。

ただ全く喋ったことのない先輩とか、一回話したことあるかなくらいの人と、二人っきりの状態で乗り合わせちゃうとなかなかきついです。

あっちも気まずいだろうなと思いながら、お互いスマホをいじるみたいな笑 

この状況は社会人の方なら誰しも経験されてますよね。 

エレベーターじゃなくてビルに階段があれば良いのに。

階段があればビルの10階だろうが軽く登りますよ笑

みんなの前で自己紹介

これもきついですよね笑 

まず人見知りの人って、みんなから注目されることに慣れていないから、どこに視線を向けて良いかわからない。

その結果遠くの壁に貼ってある会社のポスターを見ながら自己紹介したことがあります。

当然目線がおかしいから、こいつなんか変だなと思われかれない。

なんだか大変ですよね、この性格。

みんなの前でスピーチ!

1つ前に紹介した自己紹介の5倍くらいの体感できついです笑 

スピーチの嫌なところは、自分ひとりで司会進行をして、ひとりで話し続けなければいけないこと。

いわゆる晒し者ですw

またみんなにじっと見られるってことに、人見知りの人は拒絶反応があると思います。 

前の会社だと新人研修の時にプレゼンという謎の儀式をさせられました。

プレゼンってそもそもやりたい人がやれば良いと思います。

スピーチって特に人見知りの人は苦手な分野だと思います。

3人以上のシチュエーション

ただでさえ存在感がないのに、3人以上になると一言も発しなくなります笑

人見知りの人はここでこういったらダメだよなとか、空気を読みすぎてしまうので、結果なにも口から出てこないのです。

なので適当に相づちを打っているか、空気になってしまい終了です。

※例外がありますが、集まっている全員と親友レベルで仲が良い場合は全然余裕です。

居酒屋さんでオーダーする(店員さんを呼べない)

もう情けなくなってきました笑 

居酒屋さんって他のお客さんもいてガヤガヤしてますよね。

そんな中で人見知りの人は、大きな声で店員を呼べない。

人生で人見知りの人は大きな声なんて出したことがないのです(偏見)。

あと店員さん忙しそうだなとか変に気を使ってしまい、ずっと呼ぶことができません。

ウェーイ!ってはしゃいだりするノリ

よく大学生のサークルとかで、ウェーイ!ってはしゃいでいる集団いますよね。

あのノリも苦手です。そもそも人見知りの僕は、テンションがあのような形で上がらないのです。

そもそもウェーイ!っていう言葉の意味がありまりよく分かっていません。

どこの国から始まった言葉なのでしょうか。

友達の友達

これも結構定番ではないでしょうか。

友達の友達って初対面ですもんね。よく僕の友達の「〇〇さん」を紹介するよ!っていう場面ありますけど、人見知りにとってはかなりの負担です。

あと別に友達を紹介してもらわなくても大丈夫です。

パーティや結婚式の2次会などの、知らない人が多い場所

パーティや結婚式の2次会なども辛いです。

知らない人が多い状況なので、自分から誰かに話しかけないと、辛い思いをします。

僕は友達の結婚式の2次会で、ぼっちになってしまったため、お腹なんて痛くないのにわざとトイレに逃げ込み、時間が経つのを待っていたことがありますw 

美容室

最後はやっと出してくれたか!と思っている方も多いと思います、そう美容室

美容室は基本初対面の美容師さんと2人っきりですよね。

美容師さんが沈黙にならないように、気を使ってくれる感じも心苦しいです。

僕はこの状況に耐えられなかったので、10年ほど前から美容室には行かず、自分の髪は自分で切ってます。

人見知りは生きづらい!けどこのままでも良い気がする。

こう並べてみると、人見知りのひとって見えない苦労をしていますよね・・

人見知りじゃない普通の人がこの記事を読んだら、お前頭おかしいだろ!って突っ込まれそうな内容になってしまいました。

今回の記事に共感していただいて、笑ってもらえれば僕はそれで良いです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました