マッチングアプリは出会えない?月に7人とデートした僕がコツを教えます!

せっかくマッチングアプリをはじめたのにも関わらず、まったく異性と出会うことができない!という方は多いのではないでしょうか。

男性の場合、マッチングアプリは有料である場合が多いので、女性と出会えないとお金ばかり

出て行ってしまいますよね。

アプリでなかなか異性と出会えない方は、出会うためのコツやノウハウを覚えれば、確実に出会える確率は上がります。

僕もこれからあなたに教えることを意識したことで、月に最高で7人と初デートをすることができました。

それでは本題いってみましょう!

マッチングアプリは出会えない?月に7人とデートした僕がコツを教えます!

マッチングアプリで出会うためには、当然異性からいいね!を押してもらう、すなわちいいね!と思ってもらう必要があります。

実際にその方がいい感じの人だとしても、ネットではそれは伝わり辛いです。

なぜ女性から「いいね」を返してもらえないのか?

いいねを女性から返してもらえない、いいねを押してもらえない原因は以下の場合が考えられます。

プロフィール写真が悪い

マッチングアプリは写真が全てといっても過言ではありません。ただここでいう「写真が全て」の意味は、その人が「美人」「イケメン」という意味ではありません。

そもそも「美人」「イケメン」は絶対数が少ないですからね。ここでいうプロフィール写真が悪いというのは以下のような場合です。

写真が暗すぎてよく全体の雰囲気がよくわからない

初めて会う人の全体の雰囲気は合う前に把握したいものです。

写真が暗すぎると、あなたの魅力が相手に伝わりません。

改善案:プロフィールの写真は明るい場所で撮影しましょう。また全体の雰囲気が気になる女性も多いので、顔写真単体の写真以外に、全身を写した写真があると良いです。

顔写真がはっきりとしていなくて、みづらい

顔写真をしっかり撮って載せないと、どんな人か相手に伝わりません。

特に遠くから撮った写真などは、顔がはっきりと相手に伝わらないため、プロフィール写真にはお勧めできません。

改善案:顔写真はあなたの輪郭や雰囲気などがはっきり分かるように撮りましょう。

顔写真を登録していない

顔写真を一枚も載せずに、プロフィール写真を風景写真などに設定している人は意外に多いです。

これではいいねは貰えない、返してもらえないと思いましょう。

改善案:顔写真は最低一枚載せましょう。

ナルシストを彷彿とさせる自撮りを、プロフィール写真に設定している

男性の場合、自撮りは禁物です。女性は男性の自撮りに抵抗がある方が多いです。

改善案:自撮りではなく可能であれば、友人などに写真を撮ってもらったほうが良いです(自然な感じが出ます)

プロフィールをしっかりと記載していない。

プロフィール写真も大切ですが、実際のプロフィールも同じく大切です。

なぜならあなたのことは写真だけでは伝わらないから。プロフィールは最低以下を記載しましょう。

・住んでいる都道府県

・年齢、身長、職業(年収は記載するのが嫌な人が多いですが、記載することで信頼性は上がります)

・自己紹介文→アプリが事前に用意している、テンプレート文は使用しないでください。自分自身のオリジナルの文を記載することで、真剣に出会いを求めて登録していることが相手に伝わります。

またアプリによってはコミュニティというものがあると思います。コミュニティに参加することで、あなたの趣味関心が相手に伝わり、あなたをコミュニティから見つけた女性からいいねが来る場合もあります。

自分の好きなことや趣味のコミュニティがある方は、できるだけ多く入っておくべきでしょう。僕はアプリを始めた当初、コミュニティに全く入っていませんでしたが、実際に入ったことで女性からのいいねが増えました。

アプリに登録したがあまり使用していない(ログインしていない)

根本的な問題ではありますが、アプリに登録した後にあまりログインしていないと、女性からいいねは来ないです。

なぜならあなたがアプリにログインしていないと、女性が男性会員を検索したときに、あなたが検索結果で上位表示されなくなります。

多くの女性の目に留めてもらうためにも、可能であれば毎日ログインすることをお勧めします。

マッチング後のメールでうまくいかない場合

メールのやり取りは長く続いているが、お互いデートに誘わない

メールのやりとりが長くなってしまい、デートに誘うタイミングを見失っているケースです。

一般的に女性は男性からデートに誘って欲しいと思っている方が多いので、相手の様子を伺わずに誘ってしまいましょう。

僕の経験からすると、2間くらい毎日メールのやり取りを続けた相手であれば、1度デートに誘ってしまっても良いと思います。

初めからタメ語を使うなど、態度に問題がある

初めからメッセージでタメ口を使うのは、相手に失礼だと考えた方が良いでしょう。

この人敬語も使えないのかと幻滅されてしまうだけではなく、はじめの印象がすごく悪いです。

僕は基本的に会うまでのメッセージは、相手からの要望(タメ口で話しましょう等)がない限り敬語を使います。

メールの内容が短文で、botのような機械的な内容になっている。

これも注意すべきでしょう。相手に質問する際に、どこに住んでますか?休日は何されてますか?などと質問することは全く問題ないです。

しかし「相手へのあいづち+どこに住んでますか?」などの短文の場合、機械的なbotのような感じになり、女性から良い印象は持たれないです。

相手に返信する際は、「相手へのあいづち+どこに住んでますか?+私は横浜の近くです」などプラスアルファの情報があった方が良いでしょう。

まとめ:マッチングアプリで異性と出会うためには、対策が必須!

今回の記事はいかがだったでしょうか。マッチングアプリに限らず、どんな分野にも言えますが、準備や対策は必須です。

この記事を読んで頂き、あなたの婚活・恋活がうまくいくことを願っています。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました