貯金が出来ない方は必見!ダイエットにもなるオススメのやり方を紹介します!

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

今回はお金に関する記事を書こうと思います。

最近だと世界中がコロナウイルスによって、大惨事になっていますよね。またコロナの大流行に伴い、日本中でも休業するお店が増えたり、失業してしまう方が増えている現状があります。

ひとたび失業してしまうと、年齢によっては再就職だったり、新しい仕事を見つけるのが難しくなってしまう方は多いです。

そんな危機的状況になってしまった場合、一番大変なのがお金の問題。毎月かかる家賃や光熱費などは、仕事が無くなってしまった場合、支払うのはかなり厳しいですよね。そんな時に

貯金を貯めていれば、ひとまずは安心な気持ちで居られるでしょう。ただ人によっては、貯金に対して以下の印象があると思います。

・貯金ってはじめたとしても、なかなか続かないのよね〜

・ついつい無駄遣いしてしまって

・貯金以前にそもそもの給料が低いからなあ。

このようにいざ貯金をしようと思っても、なかなか上手くいかない方が多いのも、現状です。

貯金が出来ない方は必見!ダイエットにもなるオススメのやり方を紹介します!

今回は貯金が出来ない方に向けて、オススメのやり方やコツを教えます。

前提:貯金をするには、どうすれば良い?

貯金をする方法は、大きく分けて2つあります。1つは収入を増やすこと

会社員(サラリーマン)をしている方は、本業の給料だけではなかなか貯金が出来ない方も多いのではないでしょうか。

昨今は副業を認める会社も増えているため、会社の規程で副業が大丈夫な方は、はじめてみても良いのではないでしょうか。

もう1つの方法は支出(毎月出ていくお金)を減らすことです。

意外と毎月かかっている支出って、把握している人は少ないのではないでしょうか。

特にクレジットカード払いで買い物をされている方は、「俺って月いくらカードでお金使っているのだろう」などの不透明な状態になっているケースが多いです。そこで毎月の支出を明確にして、支出を減らしていくことが、貯金をする方法になります。

貯金をする方法は大きく分けて、上記の2つの方法です。僕は2つ目に紹介した、「支出を減らす」貯金方法をオススメします。なぜなら以下の理由があるからです。

【収入を増やすより、支出を減らして貯金をする方法をオススメする理由】

・副業禁止の会社に属する人にとって、本業の収入をすぐ増やすことは容易ではない

・支出を減らす方法は、明日からでもすぐ取り掛かれる

・支出を減らすということは、長期的な人生に対して非常に有効的な手段である

このような理由から、今回は支出を減らす貯金の方法について、フォーカスを当ててお話しします。

支出を減らす方法

①平日はお金を極力使わない

貯金が出来ない方の特徴として挙げられるのが、先ほどもお話ししました通り、自分が月にいくらお金を使っているのかわからないといった特徴です。

この状態は非常に危険で、将来的にもお金はたまらない一方でしょう。

僕のオススメする方法は、平日(仕事のある日)お金を極力使わない方法です。

この方法をいきなり実践するのは難しいと思うので、最初は「平日5日間で使って良いお金は合計1500円」と自分が可能な基準を決めておいた方が良いです。このようにすれば、1日300円までなら何か買っても良いなと心に余裕が生まれます。

僕は基本的に平日の5日間、使うお金は1000円以下にするように意識して生活しています。もちろん僕も最初からこのような効率的な考え方を実践できたわけではなく、以下のことを習慣づけすることから始めました。

・会社には必ずお弁当を持っていく

・飲み物は自販機で買わずに、全て水筒持参

・コンビニは寄らない、興味を示さない

・どうしても仕事中お腹が空いてしまったら、コンビニではお菓子を買わず、家から持ってきた小袋チョコを食べる

上記のようなことを心がけてると、自然とお金を使わない生活になります。またお金が貯まっていくと同時に、食事を最低限にすることで、ダイエット効果もあります。

サラリーマンなどの方は、平日でもランチ一回行くだけで、700円以上の支出になってしまいますよね。

僕は業務用スーパーで買った6枚切りのパンを2切れ、冷凍食品のささみかつやチーズ等をはさんで、毎日お弁当として持っていきます。

1食おそらく60円くらいで、意外とお腹いっぱいになるのでオススメですよ。また習慣づけすることで、無駄な食べ物を食べなくなり、ダイエット効果も期待できます。

②平日はしっかりと自制をして、土日は自由にお金を使う。

貯金するにも息抜きは必要です。一週間全てお金を使うことを自制しているのも精神上良くないです。僕は平日しっかりと自制した分、土日は自由にお金を使います。

自由と言っても2日間通して合計で5000円までと決めていますが。やはり土日も平日と同じで、お金の使いすぎを避けるために、自分の中で上限の金額を決めておくことが大事ですね。平日と土日で上限額を決めることで、1ヶ月自分が使うであろう上限の金額が見えてくると思います。

平日:1000円×4週間分=4000円

土日:5000円×4週間分=20000円

このように計算すると、平日と土日合わせて24000円までであれば、自由に使えるお金ということが分かりますよね。

③1ヶ月の生活費等の支出を自分で説明できるように「見える化」する。

あなたは自分の1ヶ月の生活費をすべて、人に説明できるでしょうか。これが完璧に説明できるようになると、貯金は上手くいきます。

家賃、光熱費は?プロバイダ料金は?サブスクはどこに加入している?など全て把握する必要があります。でも意外とこういうお金周りのことって、僕も経験済みですが、煩雑になりやすいですよね。

こんなサービス加入してたっけ?など、お金の管理が苦手な人のあるあるだと思います。

生活費等の支出を全て一括管理する方法としては、全ての生活費を同じクレジットカードで決済して、同一の銀行口座から引き落としする方法です。

例えばエポスカードを普段使用している方であれば、エポスカードを全ての生活費の決済として使用するのです。またエポスカードであれば、自分が月にどこからどのような形でお金を使ったのか把握できる、EPOS NETというWebサービスがあるので、月の支出が「見える化」出来ます。また生活費を一括管理することで、クレジットカードのポイントも貯まりやすくなるので、一石二鳥ですよね。

④1ヶ月の生活費等の支出を自分で把握できたら、要らないサービスを解約する。

自分が加入しているサービスは、全て毎月自分がちゃんと利用しているとは限らないものです。

例えばhuluなどの動画配信サービスに加入していたけど、振り返ってみたら全く動画を見ていなかった等の話はよくあります。

今後自分は使用しないまたは使用頻度の少ないサービス等は、解約した方は良いでしょう。

⑤被服費や雑費費もほどほどに。毎月のオシャレよりも自分に合った服を数着大事に。

貯金が出来ない方の特徴としては、毎月被服費や雑費類にお金を使っている点が挙げられます。

僕自身今でもそうですが、服やおしゃれはすごく好きです。オシャレや自分に合った服を身に付けることは、人の第一印象を大きく変えますし、何よりオシャレな服を身につけて歩くと、気分も高揚して気持ちが良いですよね。

特に女性の場合は、毎月お気に入りのブランドの服を数着購入している方も多いのではないでしょうか。

僕も昔はすごく服にお金を使っていました。しかし以下のような考えを身につけた結果、無駄な出費を減らすことができました。

・服はたくさん買っても、全く着ない服が出てきてしまう

・服って意外と高い

・スーツ仕事のため、私服を着るとしたら休日のみ

・服をたくさん買うと、物が増えて部屋が散らかる。

このように服をたくさん買っても、良いことばかりではないです。僕は服をたくさん買うというよりは、自分に合った服を数着着まわして生活する方が、結局お金も貯まるし生活する上でメリットも大きいと思いました。

貯金のやり方を知って、継続しよう!

今回はそんなやり方の部分を詳しく解説しました。

色々と書きましたが、一番大事なのは続けること、つまり継続する力です。

お金を貯めるために、良い習慣を身につけてしまいましょう^

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました