Photoshopのペンツールを使い、写真の切り抜きをマスター!

こんにちは、ブロガーのmiraiです。

Webデザイナーを目指していたり、実際にデザイナーとして働いていると、必ずと言っていいほどPhotoshopを使うと思います。

Photoshopの最大の魅力といえば、写真の一部を切り取り、他の異なる写真と組み合わせて、合成写真などを作成できることではないでしょうか。

その際に必須の知識となってくるのが、写真の切り抜きです。ある写真の一部(人物、動物、建物など何でも良いです)を綺麗に切り取り、他の写真にコピーする。この技術はWebデザイナー必須だと思います。

今回はPhotoshopのペンツールの使い方、写真の切り抜き方をレクチャーします。

Photoshopのペンツールを使い、写真の切り抜きをマスター!

今回は下記の画像を、ギターの形に沿って切り取ってみたいと思います。

まずはPhotoshopを起動し、ギターの画像を開きます。

ギターの画像を開いたら、左ツール群にあるペンツールを選択します。

ペンツールを選択すると、マウスカーソルがペンの形になります。その状態でペンツールを使い、ギターの形に沿ってペンでポイントを打っていきます。

ざっくりで良いのでギターの形に沿ってポイントを打っていきます。最後の方になると、最初に打ったポイントの近くまでくると思います。その最初のポイントを最後に打って囲みます。

最後の点を囲むと、白い点でポイントを囲んでいたものが青色の点に変わると思います。これで切り取る対象物を囲むことができました。対象物を囲むことができたら、右クリックから「選択範囲の作成」をクリックします。「選択範囲の作成」ウィンドウが出てきたらOKをクリック。

選択範囲を作成できたら、「選択範囲」ウィンドウから「選択とマスク」をクリックします。

「選択とマスク」をクリックすると、以下のようなウィンドウになります。

上記は先ほど自分で切り取った部分になります。ペンツールはあくまでも、完璧にギターの形に沿って切り取れるわけではないです。自分で切り取った部分を拡大してみるとわかりますが、もともとギターの写真にあった背景の色味などが、境界線に残ってしまっています

この残ってしまった背景の色味などを除去するためには、左ツール群(画像だと上から2番目)の「境界線調整ブラシツール」になります。境界線調整ブラシツールをクリックすると、マウスカーソルが、丸円の中にプラスが描かれた形に変わります。この状態で、残ってしまった背景の色味部分をドラッグしながら擦っていくと、要らない背景が消えていきます。

ギターの境界線に残ってしまった背景の色味を消すことができたら、右下のOKをクリックします。

すると、上画像のようにもとの選択範囲の作成画面に戻ると思います。この状態でMacの方は【Command + C → Command + V】で コピー&ペーストして下さい。

レイヤーウィンドウに「レイヤー1」という新しいウィンドウが追加されます。この新しく追加されたレイヤー1が、今回切り取ったギター画像になります。

切り取りをしたギターの画像を単体で表示させたい場合は、レイヤー背景の左部分にある目のアイコンをクリックして、背景画像を非表示にします。

↑切り取りをしたギターの画像を単体で表示することができました。

これで切り取り作業はおしまいです。この切り取りをした画像を、他の写真に合成したい場合は、上記画像の状態でギター画像をコピーして、合成したい他の画像を開き貼り付ければOKです。

Photoshopのペンツールは非常に便利です!

今回の記事はいかがだったでしょうか。

Photoshopでペンツールが使いこなせると、一気にやりたいことが増える感じがしますよ。

是非この記事を見て、ペンツールを使いこなせるようになってくださいね^

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました