売れないバンドマンは30代既卒になる前に就職すべき理由

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

今回はバンドをやっていて、プロを目指している方向けの記事を書きます。

僕も元バンドマンで、大学を卒業した後も、就職をせずに25歳までずっとバンド活動をしていました。

バンドを本気でやっている多くの方は、メジャーデビューしたいとか有名になりたいと思って、日々曲を作りアルバイトをしながら頑張っていると思います。

売れないバンドマンは30代既卒になる前に就職すべき理由

今回はすごい現実的なテーマでお話をしていきます。

僕は音楽が好きですし、音楽をやっている人も同じくらい好きです。なので音楽で頑張っている方を、批判するような記事にはしたくありません。

元バンドマンだからこそ、自分が辿ってきた経験も踏まえて、正直に思ったことを記事にしたいと思っています。

※色々な考えを持った方がいると思いますので、もし途中で記事を読んで不快な気持ちになった方は、とめていただいて構いません。

バンドはものすごく有名にならないとお金にならない(食べていくのが難しい)

バンドを本気でやっている・やっていた方なら分かっていると思いますが、バンドって全くお金になりません。むしろ赤字が多いです。

まずそこまで世間的に有名じゃないバンドの場合、スタジオリハ代やレコーディング代・ライブ遠征費用も全て自腹です。

バンドが売れない最初の時期は、ライブするだけでも1回あたり1人5000円以上は払うことになります(ノルマ代を全て売れれば、払う必要はない)。

またバンドがメジャーデビューしたとしても、ずっと売れ続けなければならない。国内で考えてみると、ずっと昔から売れ続けているバンドって本当に一握りですよね。

バンドのみで食べていける人は、限りなく少ない

いわゆるバンド活動だけで食べていける人って、日本の中でもほんと一握りだと思います。

誰もが聞いたことのあるアーティスト(例えばミスチル・BUMP OF CHICKENなど)であれば、印税やバンド活動で食べていけるかもしれませんが、一般的なバンドだとそうはいきません。

僕は元バンドマンなので、周りにメジャーデビューした仲間や知り合いはいますが、やはりメジャーデビューしても、アルバイトをしながら活動しているみたいです。

バンドだけではなく、シンガーソングライターのサポートや楽器講師、アーティストへの楽曲提供、バーなどでバックバンドなど他に副収入を得ている人であれば話は変わってきますが、バンドのみで生計を立てるとなるとなかなか厳しい世界でしょう。

20代のすべてをバンド活動に捧げるのは、職歴がつかずリスクが高い

僕はバンド活動をしていた時は、カラオケ店でアルバイトをしていました。

25歳の時にバンドを諦めて就職しましたが、もっと就職が遅れていたらと考えると、結構恐ろしいです。

なぜなら20代の時にバンド活動しかしていないと、いざ就職しますって言った時に、職歴に書くことがない。つまり仕事をする上でのアピールポイントがないのです。

バンド活動に没頭し、既卒の状態で30代を迎えてしまうと、応募できる仕事の幅が狭くなる

一般的な企業の場合は、年齢ができるだけ若い人を中途採用したいと考えています。

また年齢や数字が与えるインパクトは非常に大きく、20代と30代では企業からの見られ方も変わってきます。

実際に僕の友達のバンドマンも、30代の時にバンドを諦め、初めて就職活動をしたらしいのですが、本当に大変だったそうです。

なぜなら紹介される仕事がほとんど、力仕事や飲食などのブラック寄りの求人ばかりだったからです。

30代になってしまうと、ポテンシャルで採用してくれる企業も少なくなってしまいます。

既卒30代で就職した場合、自分より年下が先輩になる可能性がある

30代になって、職歴がない状態で会社に就職するということは、仕事についてできる事が少ない未経験な状態です。

また会社によっては、先輩が自分より年下の20代の新卒といったケースも出てくるでしょう。うまく立ち回れる人であれば問題ないですが、プライドがある方などは結構きつい環境だとおもいます。

バンド活動をしていた経歴は職歴に書きづらい(書けない)

バンド活動ってなかなか一般の人に理解してもらうのが大変なところです。

一般的な企業の場合は、卒業後に就職もせずにバンドをやっていたのかとマイナスなイメージで見られることもあります。

僕もバンドを辞めて就職活動をした際は、バンド活動を面接官に理解してもらうのに結構苦労しましたね。

バンドマンは将来についてしっかりと考えた方が安全です

バンド活動を本気でやっていると、絶対売れてやる!とか音楽で有名になってやる!とモチベーションも上がり楽しいと思います。

ただバンドをやるにあたって、ある程度のリミット(25歳までにメジャーデビュー出来なかったら就職するなど)や目標設定も必要だなと感じます。

それでも俺は音楽しかない!バンドで絶対に売れるために就職はしない!と考えているのであれば、僕は応援します。

そういう真っ直ぐな人も好きです。

あなたのバンド活動と人生がうまくいくことを願っています。

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました