コロナ疲れを吹き飛ばせ!心身ともに元気になる方法6選

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

最近はコロナの感染者数がまた増えてきましたね。

日本中の皆さんの多くが、もうコロナには疲れたよと気分が萎えてしまっているのではないでしょうか。

そこで今回はコロナで辛い時代だからこそ、このテーマで記事を書きます。

コロナ疲れを吹き飛ばせ!心身ともに元気になる方法6選

今回はコロナ疲れを少しでも改善できるように、心身ともに元気になる方法をご紹介します。

42度前後のお湯に5分以下で入浴する。

あなたはお風呂に毎日入っていますか。それともシャワーのみで済ませていますか?

一人暮らしの方は比較的、シャワーで済ませている方が多いという話は聞いたことがあります。

コロナ疲れでストレスが溜まっている今こそ、お風呂に入ることをオススメします。

外出自粛でずっと家にいると、体をあまり動かさないため、血のめぐりが悪くなりがちです。

お風呂に入れば、温熱効果により体の血のめぐりが良くなり、血液がサラサラになる体内変化が起きます。

特に「気分が落ち込んでいる」「やる気が出ない」と言った方は、42度前後のお湯に5分ほど入るのがオススメです。

気持ちがリフレッシュして、心身ともにやる気が出てきます。

※42度前後のお風呂は浸かり過ぎ(10分以上)に注意してください。その方の年齢や体の健康状態によって、42度のお風呂は体への負担になってしまいます。

ストレッチをする(可能であれば①のお風呂後)

ストレッチはストレスを軽減させ、心と体をすっきりさせる効果があります。

特にストレッチの効果を上げる上でオススメなのが、お風呂に入った後30分以内にストレッチをすることです。

入浴後は、疲労や運動不足で硬くなってしまった筋肉が、良い感じでほぐれている状態です。つまり筋肉が通常の時よりも伸びやすい状態なんですね。

この筋肉が伸びやすい状態の時に、ストレッチをすると、ストレッチ効果が上がるでしょう。

またストレッチには免疫力がアップし、病気になりにくい体になる効果もあるので、オススメです。

早朝・夜などの人が少ない時間帯に散歩する

コロナウイルスの影響もあり、外に一歩も出ないように心がけている方も多いのではないでしょうか。

もちろんウイルス感染を防ぐために、素晴らしい心がけですが、健康維持のためには軽い運動も大切です。

そこでオススメしたいのが、人の少ない早朝や夜などに散歩をすること。

健康維持のための散歩はとても大切です。

散歩する時間は30分〜1時間が良いでしょう。

散歩をすることで、心身ともにリフレッシュして、溜まっていたストレスが吹き飛びます。

朝起きたらすぐ窓を開け換気する

朝起きたらすぐに窓を開け換気するのがオススメです。

換気をしないと、部屋にこもった古い空気や嫌な臭いなどが、留まったまま排出できません。

換気をすることで、部屋にきれいな空気が入ってきて、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

新型コロナウイルス対策にも「換気」は必須

新型コロナウイルスは政府が提言した、「3つの密」が原因で発生しやすくなることがわかっています。

以下の記事では、ウイルス感染を防ぐ上で、換気が大切である理由が記載されています。

窓を開けて世界を救おう!新型コロナウイルス集団感染を防ぐシンプルな方法(榎木英介) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。日本でも感染者が増加しているが、感染拡大を防ぐ手段もみえてきた。その一つが「窓を開ける」ことだ。

アロマディフューザーを使う

部屋の中を癒しの空間にしてくれるのが、アロマディフューザーです。

アロマの香りは様々な癒し効果があり、ストレス解消やうつ病の治療にも使われています。

僕は家の中で読書をしたり、音楽を聞いたりすることが趣味なのですが、そんな時にアロマディフューザーを使うと、すごく良い気分になります。

僕が持っている中でオススメなのが、無印商品から発売されている超音波アロマディフューザーです。

自分の好きな匂い(僕の場合はラベンダーとイランイラン)を組み合わせて使うこともできますし、大きさがコンパクトなので部屋においても場所を取らないのが良いです。

感動する映画を観て泣く、お笑い番組を観て笑う

ストレスを感じていると、免疫細胞を抑制するホルモンが分泌され、免疫力が下がる原因となります。そこで自宅でいるときにオススメの方法が、感動する映画を観て泣くこと。

人間はリラックスしている状態の時に、副交感神経が優位になるのですが、「泣く」という行為のときも副交感神経が優位となります。つまり泣くことでリラックス効果が得られます。

同様に好きなお笑い番組を見て、笑うこともストレスホルモンを低下させるために有効です。

今は辛い時期ですが、感染拡大を防ぐためにも頑張っていきましょう

コロナ疲れは本当に辛いですよね。ストレスは溜まるし、気分も上がらないと思います。

今回はなるべく誰でも実践できるような、コロナ疲れを解消する方法をお伝えしました。

早く元の世界に戻ると良いですね!

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました