Webデザイナーに向いている人って?気になる仕事内容も解説!

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

あなたはWebデザイナーという職業を知っていますか?

Webデザイナーは近年特に人気の高い職業となっており、制作会社等に入社を考えるのであれば、比較的高い倍率になります。

ただWebデザイナーとして働くことで、Webに関する様々な技術や知識がつきますし、「手に職」と言われるように一生モノのスキルが身につくと思います。

また男性・女性問わず、幅広い層が働いているのもWebデザイナーという職業の特徴でしょう。

Webデザイナーに向いている人って?気になる仕事内容も解説!

今回はWebデザイナーって興味あるけど、実際どんな仕事をするのかな?俺って向いているのかな?と思っている方向けに、記事を書きます。

Webデザイナーの仕事内容

Webサイトの構成やレイアウトを決める

Webデザイナーが最初に取り掛かるのは、Webサイトの構成を考えることです。

ホームページの全体像を可視化するために、サイトマップを作ります。

その後ワイヤーフレームを作り、サイトのレイアウトを考えます。

この際にどこに何の情報を配置するか(グローバルナビには何の項目を入れるか)なども並行して考えます。

Webサイトのデザインを決める

続いて行うことは、Webサイト全体の色合いや配色決めです。

PhotoshopやIllustratorを使い、Webサイト全体の配色や、ロゴ・イラスト・画像の配置等を決めます。

基本的にここまでの作業は、クライアントと相談を重ねながら進めていく事が一般的でしょう。

Webサイトのコーディングを行う

Webサイトのデザイン制作が完了したら、いよいよ作成したデザインでWebサイトを作成していきます。

HTMLやCSSといったプログラミング言語を使って、デザインをWebサイトに反映していく作業をコーディングと言います。

コーディング業務は、Webデザイナーがデザインと一緒に担当することもあれば、Webデザイナーとは別のコーダー(コーディング担当)が作業を担当していくことがあります。

Webデザイナーに求められるスキル

Webデザイナーとして働いていく上で最低限必要なスキルは、PhotoshopやIllustratorなどの制作・画像編集ソフトを使えることでしょう。

実際の業務では、ほぼ毎日どちらかのソフトは使っていきます。

また上記以外のスキルでは、HTML・CSS・jQueryといったプログラミングスキルも持っていた方が、現場で活躍しやすいでしょう。

ざっとWebデザイナーが取得していると良いスキルを下記に挙げます。

Photoshop(最低限の必須スキル)

Illustrator(最低限の必須スキル)

HTML

CSS

jQuery

WordPress(CMS)

Webデザイナーに向いている人って?

Webデザイナーに向いている人の特徴を考えてみました!

素直で粘り強い人

Webデザイナーの仕事は、やりがいがあると同時に、体力も必要になってきます。

クライアントからの修正依頼も素直に受け止め、最後まで手を抜かず作品を制作していくという、粘り強さも必要になってきます。

細かな部分(1ピクセルレベル)などにこだわりを持てる人

Webデザインは非常に繊細で緻密な作業になります。

デザインを行う上で、レイアウトの全体図・文字間・余白・訴求内容等々、こだわるべきポイントがたくさんあります。

よって1ピクセルレベルで、こだわりを持って作業に取り組める人が向いているでしょう。

「アート」ではなく「デザイン」ができる人

Webデザインは、自分の趣味や感覚で自由に作って良いという、アートのようなものでもありません。

デザインは設計であり、常にユーザー目線で仕事を進める必要があります。

ユーザーの目を引く訴求内容は何か・ユーザーが使いやすい画面レイアウトは何か・画面上のどこに予約ボタンを配置すれば、ユーザーに押してもらえるかなど、相手の立場になって物事を考える必要があります。

コミュニケーションを取るのが苦にならない人

Webデザイナーはずっとパソコンの前に座って、デザイン制作をするというわけでもありません。

Webディレクター・クライアント・先輩デザイナーなどあらゆる立場の人と関わって仕事をしていきます。

またWebデザインを行う上で、デザインの方向性や目的などの認識ズレがないように、念入りにディレクターやクライアントと確認を取りながら作業を進めていく、コミュニケーション能力が求められます。

新しいものに抵抗がなく取り組める人

Webデザインは年々進化しており、デザインの流行なども年々変わっていきます。

そういったデザインのトレンドに敏感な人もWebデザイナーに向いているでしょう。

クライアントの課題や問題点を考えて、デザイン制作に取り組める人

Webデザインを行う上で大切なことは、クライアントの課題や問題点を考えて、デザイン制作をすることです。

クライアントはサイト制作によってどんな目的を果たしたいのか・現状のWebサイトはどのような問題点を抱えているのかなど、大事な情報をクライアントから聞き出す力も必要です。

Webデザイナーは適性があれば最高の職業でしょう

今回はWebデザイナーという職業について紹介しました。

適性が求められる仕事ですが、向いていれば最高に楽しい職業でしょう。

あなたもこれを機にWebデザイナーを目指してみては?

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました