Webデザイナーになりたい!20代未経験が独学でも就職する方法!

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

今回はWebデザイナーという仕事についてお話しします。

Webデザイナーになりたいという方は多いと思います。

これからの時代は、「手に職」をつけて個人で稼ぐ力を身につける必要があるので、Webデザイナーという職業は、そう言った時代の流れにあっている職業だと感じます。

ただWebデザイナーという職業は専門職であり、クリエィティブな技術を扱うため、デザイン初心者やWeb業界を経験していない方にとっては、なかなか敷居が高い職業の1つだと思います。

僕自身もWebデザイナーになりたいと思っていた時、やっぱりデザインの専門学校などに通っておくべきだなと思ったことはあります。

Webデザイナーになりたい!20代未経験が独学でも就職する方法!

僕はWebデザイナーになる時に、どこかの専門学校や職業訓練校に通ったことはありません。なぜなら学校に通うほどのお金を用意することができなかったから。

もちろんWebデザイン初心者の方は専門学校などに通って、1からプロにデザインのイロハを教わる方法もありだと思います。

ただ当時の僕のように、お金に余裕がない人も多いと思います。

そこで今回は、Webデザイナーになりたい人が、独学で就職する方法をお伝えします。

PhotoshopやIllustratorの基本的な使い方を覚える

Webデザイナーの求人の条件でよく目にするのが、「PhotoshopIllustratorを使える方、どちらかのツールだけでも可」というものです。

Webデザイナーという職業につく上で、最低必要なスキルになります。

僕はWebデザイナーになる前に、Photoshopしか使用できない状態でしたが、なんとか就職できました。

Illustratorも同時期に勉強したかったのですが、Photoshopだけでも覚えることがたくさんあり、なかなか2つ学ぶのは時間が足りませんでした。

時間に余裕がある人は、どちらのツールも基本的な操作ぐらいは、使用できるようになった方が良いでしょう。

世にあふれている広告やデザインを真似してみる

Webデザイン初心者におすすめのデザイン練習方法は、とにかくプロの作品を真似してみるということです。

街を歩けば色とりどりのお店の看板、電車に乗ればさまざまな広告、スマホであれば毎日のようになんらかのデザインに触れていると思います。

毎日日常で目にしているデザインで、何かこのデザインかっこいい・センスが良いと感じたのであれば、そのデザインを隅から隅まで真似して作ってみるのがオススメです。

文字の大きさ、余白の取り方、フォントの書体・色など、プロのデザインから得られる情報量は非常に多いです。

ちなみに僕はWeb上にあるプロが作成したバナーや広告を、Webデザイナーとして就職する前に20枚ほど真似て作りました。

簡単なポートフォリオ(作品集)を作ってみる

20代未経験がWebデザイナーになる上で、必ず必要になってくるのがポートフォリオです。

ポートフォリオは自分の実績や力量を、他者に評価してもらうために必要となる、作品集のようなものです。

Webデザイナーという職種の面接では、必ずと言って良いほど、企業から持参を求められます。

Webデザイナーのポートフォリオ の例としては以下のようなものがあります。

・自身で作成したWebデザイン→企業のHPなどなんでも良い(架空のものでも可)

・自身で作成したロゴ・チラシ・イラスト・バナーなど

上記の成果物は、架空のもの(実在する会社などでなくて良い)で良いと思います。

ただ注意して欲しいのが、その作成した成果物について、「なぜこういうデザインにしたのか」「ターゲットはどのような層を想定しているか」という質問が面接官から来た場合、しっかりと答えられることです。

特に何も考えずに雰囲気重視で作成しました!などと伝えてしまったら、マイナス評価になってしまいます。

何かをデザインする上では、必ず制作物のデザインに、意味や理由があることを念頭に置いておきましょう。

上記の方法を試しても、就職できなかった場合

人によっては、上に挙げたことを実践してもなかなか内定が出ない方もいると思います。その場合は、いきなり正社員の面接を受けるのではなくて、アルバイトからWebデザイナーという仕事につくのもオススメです。

Webデザイナーの求人を見ていると高確率で、「何らかのWebデザインの実務経験がある方」という条件があります。

つまり企業側からすると、半年や一年という短期間でも良いから、Webデザインを仕事として行ったことがある人を採用したいのです。

なのでいきなり正社員になるというよりも、まずはアルバイトから仕事を始めてみるもありかと思います。

まとめ:未経験でも20代であれば、Webデザイナーとして独学でも就職できる!

今回の記事のように、準備やポイントさえ押さえておけば、Webデザイナーに未経験からでも就職できます。

僕がその一人ですから。

まずは自分で手を動かして、Webデザイナーになるための準備をしていきましょう!

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました