Webデザイナーなら知っておくべき、色の持つ心理的効果について。

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

あなたはWebデザインの仕事をする際に、配色などはどのように考えてデザインしていますか?

クライアント側から、「今回のデザインは、青色と水色を主に使用してほしい!」などと指定があれば助かりますが、毎回クライアント側から配色の指定をしてもらえるわけではないですよね。

「なんとなく活気が出る感じで!」「繊細で優美な感じでお願いします!」など抽象的な要求をされることは多いです。そのためデザインを制作するWebデザイナー側は、クライアントの立場に立って、Webデザインの配色を決める必要があります。

Webデザイナーなら知っておくべき、色の持つ心理的効果について。

色にはさまざまな意味・メッセージが込められています。

街並みや自然などの風景、飲食店の看板、毎日食べる食事、着ている服、チラシなどなど、私たちの生活の中では、無数の色が存在します。

この世に溢れている色の数々は、それぞれの色が持つ役割や意味を持って、デザインなどに使用されています。

そこで今回は、Webデザイナーなら知っておくべき、色の持つ心理的効果についてお話しします。

赤(暖色)が持つ心理的効果

赤色は太陽や火など、熱く活発なイメージがあるでしょう。

エネルギーや強い力を感じさせるアクティブな色であり、他のどの色よりも強い刺激があります。

また気分を高揚させる働きがあり、元気ややる気を与えてくれる色でもあります。

人を元気にさせ、やる気を起こす効果があることから、販売促進には欠かせない色彩とも言えます。

Webデザインでは色々な業界・業種で頻繁に使用される色です。

青色(寒色)が持つ心理的効果

青色は鎮静作用があり、人に安らぎや信頼感を与えてくれる色として、広く認知されています。

青色から連想するのは、「爽やか」「クール」「安心・安全」のようなイメージがあります。また人を興奮させたりやる気を引き起こさせる「赤色」とは対照的に、知性を象徴する色でもあります。

青色は知的・真面目・誠実な印象を相手に与えるため、多くの大手企業ホームページや航空会社・法律関係などのデザイン配色に起用されています。

緑色(中性色)が持つ心理的効果

緑色は安心感や調和の連想させる色です。

木・森などの自然、植物、野菜など、ナチュラルでオーガニックなイメージがありますよね。そのため緑色を使用することで、人の心や体を癒し、リラックスさせる効果があると言われています。

緑色は沈静色や重量色などと違い、中間的な色であるため、周辺の色によって緑色が持つイメージ効果は左右されます。

日常的に見ると、LINEの広告・緑茶のパッケージ・非常口のマークなどに緑色が使用されていますよね。安心感があり、親しみやすさや健康的なイメージを与えることができる色です。

黄色(暖色)が持つ心理的効果

黄色は有彩色の中でも一番明るい色であり、「活発」や「軽快」なイメージを持っています。集中力・判断力・記憶力を高めてくれる効果があるとされ、人間を前向きに明るくしてくれるカラーと言えます。また人の目を引いたり注意を促す働きが黄色はあるため、広告領域では多く使用されている色です。

日常的に目にする黄色と言えば、マクドナルドのロゴ・立ち入り禁止のマーク・踏切・工事などがありますよね。確かにどれも視認性が高く、視界にすっと入ってくる色だと思います。

オレンジ色(暖色)が持つ心理的効果

オレンジ色は赤色と黄色の中間に位置します。暖色の中では、1位・2位を争う人気がある色で、オレンジ色を嫌う人は少ないと言えます。

オレンジ色は暖かみ・喜び・安心感・明るさなどを連想させる色です。そんなポジティブなイメージを持つオレンジ色は、食品広告・スポーツ系広告などに使用されています。

黒色(無彩色)が持つ心理的効果

黒色はすべての色を吸収・遮断する効果がある特殊な色です。

神秘性・落ち着き・高級感・威厳性・カリスマ性などを連想させるため、相手を説得させる力があります。

ただ黒色は「負」のイメージが強い色であるため、使用するには注意が必要でしょう。

有彩色とうまく組み合わせることで、モノトーン系のモダンな雰囲気を演出することができます。

広告領域では、高級商品の広告・ハイブランド・アパレル系などさまざまな分野で活用されている色です。

まとめ:Webデザイナーであれば、色の持つ効果を知ることは必須です!

Webデザイナーの仕事は、「Webデザインを通して、顧客の問題を解決すること」です。

Webデザイナーをしていると、会社によりますがさまざまな業種の顧客やクライアントと関わることになります。

そういった仕事の中で、今回紹介した色の持つ心理的効果や、基礎的な知識を持っているだけで、提案力や課題解決力が上がると思います。

ぜひ今回の記事を実務に役立ててみてください!

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました