Webデザイナーを目指している人にオススメの本4選(初心者向け)

こんにちは。ブロガーのmiraiです。

今日は仕事についての記事を書きます。

僕は現在Webデザイナー・コーダー・マーケティングなど、フロントエンドエンジニアのような側面の仕事をしています。

Webデザイナーといえば、Webサービスの入り口とも言える重要な部分を担う職業であり、男女共に人気のある職業です。特に今後はフリーランスのように個人で稼ぎたいと思っている方にとっては、Webデザイナーという職業はオススメできます。

Webデザイナーを目指している人にオススメの本4選(初心者向け)

僕はWebデザイナーとして働いていますが、今までWebデザインについて専門学校やスクールで学んだことはありません。

すべて独学です。

独学という手段は人によって向き不向きがあるかと思いますが、正しい方法で努力すれば独学でもWebデザイナーになれます。

今回は僕の独学時代も振り返り、Webデザイナーを目指している初心者向けの方に、オススメの本を5つ紹介します。

なるほどデザイン

この本の表紙は本屋さんなどで一度は目にした方は多いのではないでしょうか。

僕は最初この本は表紙のイメージ的に、すごく子供向けに作られたデザインの本かなと偏見を持っていましたが、読んでみると全く違いました。もちろん本の中で使用されているイラストや写真は、ポップでキャッチーなものが多いのですが、子供から大人まで幅広い年代に読まれるデザイン本だと感じました。また世の中のデザイナーがどのような点に気をつけ、デザインを制作しているのか理解できる本です。

フォントや配色パターンなど、デザイナーの必須スキルが各ページに散りばめられており、すごく勉強になります。

世の中にはさまざまな場所で、いろいろなデザインが溢れていますが、その1つ1つにしっかりとした意味・意図があることを再認識させてくれる本です。

Amazon.co.jp: なるほどデザイン eBook: 筒井 美希: Kindleストア
Amazon.co.jp: なるほどデザイン eBook: 筒井 美希: Kindleストア

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

「4つの基本原則。これを知るだけで、あなたのデザインはずっとぐっと、良くなります。」このキャッチーコピーがモチベーションを上げてくれる、Webデザイナーになりたいなら必ず読んでおきたい本です。

近接、整列、反復、コントラストというデザインの基本原則がしっかりと学べます。また本の中では、「4つの基本原則」を活用しながら、名刺・チラシ・パンフレット・広告などを実際にデザインする際のテクニックを紹介しています。

この本を読んで理解を深めれば、自分が実際にデザインを作成していく上で、気をつけなければいけない点などがわかってくると思います。

僕はデザインの業務で、基本から復習してみたいと思った時は、迷わずこの本を開きます。これからデザインを学習したい方には、是非読んで欲しい一冊です。

Amazon.co.jp: ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] eBook: Robin Williams, 吉川 典秀, 小原 司, 米谷 テツヤ(日本語版解説): Kindleストア
Amazon.co.jp: ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] eBook: Robin Williams, 吉川 典秀, 小原 司, 米谷 テツヤ(日本語版解説): Kindleストア

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本

Webデザイナーにとって必須スキルになるものが、配色や色の知識です。特にWebデザイナーを目指している初心者の方は、バナーやイラストを作成する時に、配色選びに時間がかかってしまったり、そもそも配色が自分で決められない方も多いのではないでしょうか。

僕も配色や色の知識はあまりなかったので、とにかく最初の頃は良い配色を見つけては真似していました。

この本は、デザインの配色や色使いのアイデアが豊富に掲載されており、デザイン作成で困ったときや行き詰まった時に頼りになる一冊です。

自分であれこれ配色について悩んだりする時間が短縮されるので、時間の効率化の面でもオススメできる一冊です。

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版] | 桜井 輝子 | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon
Amazonで桜井 輝子の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

やってはいけないデザイン

この本は初心者デザイナーがやりがちな「やってはいけないデザイン」を取り上げ、どこがおかしいのか、良いデザインにするにはどう改善したら良いのかが、分かりやすく学べる本です。

僕もWebデザインを学びたての初心者の頃は、自分でデザインを作成していると、「レイアウトが決まらない」「色が決まらない」「フォント選びがわからない」「素人っぽくなる」などいろいろな悩みがありました。どうしてもデザイン初学者の頃は、経験不足もあるので、デザインの良し悪しっていうのが明確には分からない状態です。

この本を読めば、良いデザイン・悪いデザインを視覚的に理解することができるので、後々のデザイナー人生でもきっと役に立つでしょう。

やってはいけないデザイン | 平本 久美子 | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon
Amazonで平本 久美子の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

まとめ:Webデザイナーを目指しているなら、分かりやすい本で学習しましょう^

世の中にはいろいろなWebデザインの本があり、本のレベル感もそれぞれです。今回はWebデザイナーを目指している初心者向けの方に、オススメの本を紹介しました。

今回紹介した本を一通り読み進めれば、デザインの基礎知識がしっかりつき、その後のデザイナー人生で大きく役に立つと思います。僕は今回紹介した本を今でも大切に読み返しています。

今回の記事が何か1つでも役にたてる内容になったらとても嬉しいです。

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました