Webデザイナーが年収を上げるための方法と戦略を徹底解説します!

こんにちは。ブロガーのmiraiです。
今回はWebデザイナーという職業について記事を書きます。
Webデザイナーというと、男女問わず人気がある職業ですし、手に職という
意味では、今後の不安定な世の中を生きていくうえで、良い職業であると思います。


しかしながらWebデザイナーをはじめ、クリエイターという職業は一般的に年収が
低くなるケースが多いです。

日本のWebデザイナーの平均年収は300万~400万というデータがあり、日本のサラリーマンの平均年収420万円と比べると、低くなってしまっています。

Webデザイナーが年収を上げるための方法と戦略を徹底解説します!

僕はWebデザイナーという職業に誇りを持っています。ただWebデザイナーの低い年収については、納得がいきません。

僕と同じように、デザイナーの年収の低さに不満を持っている方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな現状を打破していくために、Webデザイナーが年収を上げるための方法と戦略を徹底解説します!

会社の本業とは別に、副業で稼ぐ

会社の収入だけでは、Webデザイナーは今以上に稼ぐことが難しいです。

なのでスキマ時間をうまく利用して、副業で稼ぐことをオススメします。

最近だとクラウドワークス・ランサーズ・ココナラなど、Webデザインのスキルがあれば出来る副業がたくさんあります。

そういった副業サイトに複数登録して、自分が出来る仕事にじゃんじゃん応募してみましょう。

実績をつめば、クライアントから直接仕事の依頼が来るかもしれません。

Webデザイン以外のスキルを身につける

Webデザイナーという職業は、他のクリエィティブな仕事と比較した場合、参入障壁が
低い職種です。

Photoshopやillustratorといったツールも、基本的な操作を習得することはそこまで難しくないです。
よってもっと稼ぐことを考えるのであれば、Webデザイン以外とは別に、プラスアルファのスキルを身につけたほうが良いです。

具体的には以下のようなスキルです。

・コーディングスキル(HTML、CSS、JavaScript等)
・SEOの知識
・ライティング
・WordPress
・PHP等サーバサイドの知識
・マーケティングの知識


上記のようなスキルを持ち合わせていれば、一般的なWebデザインしかできないWebデザイナーとは、一線を画すことが可能です。
Webに関する全ての知識を習得するとなると、かなりの労力を要しますので、自分が興味のある分野から学んでいった方が良いでしょう。

キャリアアップを目指す(ずっと会社員として働くのであれば)

会社員としてずっと働くことを考えるのであれば、キャリアアップを目指すことも、年収を上げる方法の一つです。

もちろんずっとWebデザイナーという職業を続けるのも変わりませんが、先ほども説明した通り年収は低めです。

なのでWebデザイン以外の知識を身に着けて、1つ上の段階へキャリアアップを目指すのも得策でしょう。

下記はWebデザイナーからの転身先です。

・Webディレクター
・Webマーケター
・フロントエンドエンジニア
・UIデザイナー・UXデザイナー


上記の職業はWebデザイナーに比べ、平均年収が高い水準の職業です。

Webデザイナーの経験が3年ほどあるのであれば、十分に転身先として狙えます。

Webデザインの仕事とはまた違った職業ですが、年収を上げることを優先するのであれば、Webデザイナーから別のポジションへ転職を考えても良いでしょう。

動画配信サービスを活用する

今後「5G」と呼ばれる、「第5世代」の移動通信システムが世界中に広がります。

この5Gの影響もあり、今後ますます動画配信サービスの需要が高まってくるでしょう。

そこでおすすめしたいのは、Webデザイナーとして培った知識・スキルを、YoutubeやUdemyなどの動画配信サービスで発信することです。

最近はオンラインでスキル学習をしたい方が増えていますから、まさにいまが始めるチャンスだと思います。

またネット上で有名になれば、自分の知名度を利用したオンラインサロンや、商材販売など、お金を稼ぐチャンスはどんどん広がっていきます。

まとめ:年収が低いからと言ってWebデザイナーを辞めないで

年収が低いからと言って、Webデザイナーという仕事を辞める必要はありません。
今回紹介した方法をうまく利用すれば、自身が満足する年収を稼ぐことができるかもしれません。
日本全国のWebデザイナーのみなさん!がんばっていきましょう^
ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました