1日2食って素晴らしい!3ヶ月続けた僕がメリット・効果を解説します。

こんにちは。miraiです。

あなたは1日何食食事をとりますか?多くの人は朝・昼・晩と1日3食の食事をとると思います。

僕も昔から1日3食の食事をとっていましたが、3ヵ月前から1日2食の生活に変えました。

1日2食って素晴らしい!3ヶ月続けた僕がメリット・効果を解説します。

1日2食と聞くと、人によっては以下のようなイメージがあると思います。

・1日2食なんてお腹が空いてしょうがない。

・1日2食だと体に悪いのでは?

・1日2食の生活は続けるのが難しそう。

このように、1日2食についてネガティブな印象を持っている人も多いと思います。

しかし僕は食生活を切り替えたことで、多くのメリットや効果を感じております。

今回は1日2食を3ヶ月続けた僕がメリット・効果を解説します。

なぜ1日2食の生活に変えたのか

なぜ僕が1日2食の生活にシフトしたのかというと、以下のような理由からです。

・30代になって体重が増えてしまった。

・運動する習慣をつけてもなかなか体重が減らなかった。

・プチ断食というものに以前から興味があった。

・デトックス効果を実感してみたかった。

・断食に関する本を読んで、1日2食の生活に興味を持った。

特にプチ断食やデトックスに関する本を読んで、やる気がでたことが大きな理由ですね。

以下の本は特に、1日2食について分かりやすく解説されていました。

“空腹"が健康をつくる ―1日2食のプチ断食― | 三浦 直樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで三浦 直樹の“空腹"が健康をつくる ―1日2食のプチ断食―。アマゾンならポイント還元本が多数。三浦 直樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また“空腹"が健康をつくる ―1日2食のプチ断食―もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

実際に食生活を変えようか考えている方は、本を読んで理解を深めてから実践していくのも良いですよ。

1日2食を3ヶ月続けたメリット・効果とは?

朝起きたとき、体のだるさが減った

まず実感した効果としては、朝起きることが億劫ではなくなったということです。

以下に食生活を変えたことでの変化をまとめます。

以前(1日3食)

朝起きたときに体が重くだるい感じがして、出勤するのも面倒だなという感じ。

頭の思考回路も回っておらず、朝起きてもぼーっとしていました。

                  ↓

現在(1日2食)

朝は目覚ましと同時にぱっと起きることができるようになり、体も軽くだるさも減りました。

また頭がぼーっとする感覚もなく、むしろ頭が朝から稼働するような感覚になりました。

気になる体重は5kgの減量に成功!

30代になって太ってしまった僕の体重は、3ヵ月前時点で73kgでした。

1日2食の生活を1日たりともさぼらずに継続したところ、68kgまで体重が落ちて5kgのダイエットに成功しました。

僕の場合は特にかっちりとした運動習慣がないため、運動はとくにせず食生活を変えただけで5kgの減量に成功したことになります。

食生活を買えただけでここまでの成果が出たのは、とてもうれしいです。

食事が以前より美味しく感じるようになった

1日2食に変えたことで、以前より食事が美味しく感じるようになりました。

特に昼ご飯を抜いた場合は、夜ご飯がとても美味しく感じられます。

おそらく空腹の状態を作ることで、空腹になった後のご飯が以前より美味しく感じられるからだと思います。

食費が1ヵ月あたり1万円節約できるようになった

1日2食に変えたことで、食費が節約できるようになりました。

僕の場合はお昼ご飯を抜いたことで、毎日のようにかかっていたお昼代がかからなくなりました。

1日のお昼代はだいたい500円ぐらいなので、月に20日出勤した際のお昼代は1ヵ月で1万円になります。

この1万円がかからなくなるのは家計上とても助かりました。

年間で考えると約12万ほどの節約ができます。

1日2食を続けることで、今まで感じたことのない自信がついた

人は物事を継続・続けることで自信がつくといわれたりしますが、今回の1日2食を続けることでも以下のような感覚になりました。

・1日2食でも人は生きていけるんだ。

・今日も周りの人が食費を使っている中、俺はコツコツお金を貯められているぞ。

上記のような感じで、完全に自己満足の世界ですが、今までに感じたことのない自信がついたと思います。

1日2食に変えたらデメリットはあった?

正直そんなに大きなデメリットはなかったです。挙げるとするのであれば以下のような感じですね。

たまに訪れる空腹感

僕の場合はお昼ご飯を抜いた生活に変えたため、その日の具合によっては、午後の仕事中に空腹感が訪れることがあります。

仕事中に空腹感が訪れてしまうと、お腹空いたなあという気持ちが先行してしまいなかなか仕事に身が入らなくなります。

対策としては空腹になった時のために、小さなチョコや飴などを準備しておくとよいでしょう。

何も食べないよりは、いくらか空腹感はやわらぎます。

たまに反動で夜ご飯を多く食べてしまう

1日2食の生活を続けていると、日によってはどうしても「めちゃめちゃお腹が空く日」が出てきます。

そういった日には、自制をしない限り夜ご飯をたくさん食べてしまいます。

とはいっても結構まれに訪れることなので、そこまでデメリットでもないですかね。

まとめ:1日2食はメリットがたくさんあるのでオススメです!

今回の記事でご紹介したように、1日2食するメリットはたくさんあります。

あなたがもし食生活を改善したい・整えたいのであれば1日2食に変えてみるのもオススメですよ。

この記事が何かのヒントになれば幸いです。

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました