人見知り克服の第1歩は挨拶から!効果やメリットも解説します。

こんにちは。miraiです。

今日は人見知りというテーマで記事を書きます。

人見知りといえば多くの方が悩むテーマでもあり、僕もかなりの人見知りです。

人見知りを克服していくにはどうすれば良いのでしょうか?

人見知り克服の第1歩は挨拶から!効果やメリットも解説します。

人見知りを克服していくための第1歩としてオススメする方法は「挨拶」です。

今回は挨拶で人見知りが克服できる理由と、効果やメリットについても解説します。

人見知りかどうかの前に、挨拶はとても大切

まず前提として人見知りかどうかという話の前に、挨拶はとても大切です。

例えばあなたが新入社員・中途社員として会社に入ったときを想像してみてください。

「私人見知りだからな」という理由で、毎日出社したときに挨拶を全くしなかった場合、周りからどういう印象を持たれるでしょう。

多くの場合は以下のような印象になります。

・あの新入社員の人は、挨拶も出来ないのか。

・何も言わずに出社してきて、なんだかイメージ悪いな。

・今日も挨拶すらなかったから、声かけづらいな。

・疲れてる?体調悪いのかな?

このように挨拶をしないと基本的にマイナスのイメージとなってしまいます。

もちろん会社の先輩や同僚の中にも、しっかり挨拶ができていない方もいると思います。

しかし挨拶をしなかっただけで、マイナスのイメージを最初から持たれてしまうのは損ですよね。

最初から損をしないためにも、挨拶はした方が良いのです。

人見知り克服の第1歩はなぜ挨拶なの?

タイトルを見て、なぜ人見知りの克服と挨拶が関係してくるの?と思った方もいると思いますので解説します。

先ほどの自分が新入社員だった場合を考えてみましょう。

会社に新入社員として入った場合、人見知りの僕がまず不安なのは以下のようなことです。

・人見知りの僕が会社に馴染めるか不安

・誰も話し相手ができなくて孤立してしまったらどうしよう

・当たり前だけど周りの人知らない人ばっかりだ。

このように人見知りであると、新しい環境にちゃんと適応できるようになるかとても不安になりますよね。

新入社員として会社に入ると、全くの0の状態からスタートしていかなければいけません。

そこで大切なのが「挨拶」なんです。

挨拶をすることで、「全くの0の状態→1、2、3」のように成長していきます。

周りの同僚もあなたから挨拶することで、声をかけやすくなると思います。

挨拶をすることは、自分が新入社員の立場であろうとなかろうと大切な心構えです。

挨拶をされて悪い気持ちになる人はいない

人見知りの特徴の1つとして、「自分がこの言葉をいったら、相手は〇〇のように感じるだろうな」と相手に対して気遣いしすぎてしまい、結果的に何も話せないことがあります。

僕も相手に嫌われたくないがために、何も話せなかったという経験はやまほどあります。

しかし今回のテーマである「挨拶」に関しては例外なんです。

なたは今まで誰かに挨拶をされて、嫌な気持ちや悪い感情を持ったことはありますか。

おそらくあまりないはずです。(たまにとんでもない大声で挨拶をしてくるうるさい人はいますが笑)

挨拶はメリットばかり

挨拶のメリットは実はとても多いです。

仕事上だと以下のようなメリットがあります。

・挨拶で1日の始まりを気持ちよくスタートできる。

・挨拶をすることで、礼儀正しくマナーがある人だと思われる。

・挨拶をすることで、「やる気がある」「明るい」「前向き」等のポジティブな印象を与えることができる。

・挨拶をすると、同僚と話すきっかけになる。

このように挨拶を心がけるだけで、仕事上でのメリットがたくさん生まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました