口が臭い人は嫌われる!今日からできる対策法と見直すべき習慣。

こんにちは。miraiです。

今日はデリケートなテーマで記事を書きます。

そのテーマとは「口臭」です。

口臭というテーマはなかなか触れづらいテーマではありますが、口臭に悩んでいる人が多いのも確かです。

口が臭い人は嫌われる!今日からできる対策法と見直すべき習慣。

「口が臭い」というのはとても大きな問題です。

どんなに美人やイケメンでも、「口臭が匂う」となってしまったら元の子もありませんよね。また社会人として働いていく上でも、口が臭いというのはかなりのマイナスイメージになります。

以下のような悩みや疑問を持っていたらこの記事を最後まで読んでみてください。

・以前、母親に口臭を指摘されたことがある。

・昔付き合っていた恋人に口臭を指摘されたことがある。

・口臭について誰かに指摘されたことはないけど、自分が口臭があるか気になる。

・口臭について対策法を知りたい。

では早速いってみましょう!

「口が臭い」対策法①:歯磨きを毎日3回行う。

口が臭い原因の1つに、食事の後の口の中がにおってしまうことが挙げられます。

1日3回の食事の後は、必ず歯磨きをすることをお勧めします。

歯磨きを行うタイミングですが、食事の後30分以内が望ましいでしょう。

会社には携帯できる歯磨きグッズを持参する

平日サラリーマンとして働いている社会人の方は、会社に携帯できる歯磨きグッズを持参することをお勧めします。

最近ではおしゃれな歯磨きグッズも発売されているので、チェックしてみてください。

「口が臭い」対策法②:寝る前の歯磨きは歯間ブラシ・糸ようじを使おう。

口がにおってしまうのは原因に、歯磨きがしっかりとできていないことが挙げられます。

普通に歯ブラシだけを使用して歯磨きを行なっても、口の中の約50%しか磨けていないというデータもあります。

歯磨きの達人|大阪豊中市のとりい歯科医院(阪急曽根駅)
大阪府豊中市のとりい歯科医院は、木の香漂う落ち着いた雰囲気の歯科医院です。納得のいく説明と満足できる治療を常に心がけています。

そこでお勧めなのは歯間ブラシ・糸ようじを使うことです。

これらを使うことで、普通の歯磨きでは除去できていなかった歯と歯の間のプラーク(歯垢)を取り除くことができます。

また毎日習慣化することで虫歯予防にもなり、「しっかりと口の中を歯磨きできている」という実感が出てきて自信につながります。

朝・昼・晩と、毎回歯間ブラシや糸ようじを使用するのは大変だと思いますので、就寝前だけで良いと思います。

「口が臭い」対策法③:舌磨きを習慣にする

口が臭い原因の1つに、舌が汚れていることが挙げられます。

舌の汚れは舌苔(ぜったい)と呼ばれ、白い苔状のかたまりになっています。

この舌苔を取り除くことで、口臭予防が期待で出来ます。

舌磨きは朝に行おう

舌磨きは朝の歯磨きのついでに行うことをお勧めします。

朝は一番口臭が強く出る時間帯であり、舌についた舌苔も一番多いです。

舌磨きは強く行うと舌の粘膜を傷つけてしまう可能性があるため、優しく行います。

頻度としては舌が汚れているなと思ったら、1日1回朝に行うと良いです。

「口が臭い」対策法④:水分をこまめに取り、鼻呼吸を心がける

日頃、口呼吸ばかりしてしまうと口の中が乾燥してしまい口臭の原因になります。

なので呼吸は鼻呼吸を心がけるのが良いでしょう。

また水分をこまめに取ることも口臭予防になります。水分で口の中が潤い、口の中の雑菌・細菌が繁殖しづらくなります。

「口が臭い」対策法⑤:食べ物はしっかり噛んで食べる

口臭の原因の1つに「唾液の減少」があります。

唾液をしっかり出すためには、食事の際によく噛んで食べるのが良いです。

日頃食べ物を飲み込むように食べてしまっている人は注意が必要です。

今まで紹介した方法で口臭が改善しなければ、体内部の問題かも

口臭は口の中に原因や問題がある場合多いですが、体内部に問題がある可能性もあります。

具体的には「消化不良・肝機能の低下・糖尿病」などです。

これらは自分の力では解決できない問題ですので、内科の先生に相談するのが良いでしょう。

まとめ:「口が臭い」は原因がわかれば怖くない

「口が臭い」というのは必ず明確な原因があります。

今回紹介した改善方法などを実践していけば、必ず口臭は克服できると思います。

素敵で爽やかな息で毎日を過ごしていきましょう。

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました