プログラミングが上達する人の特徴5つを現役エンジニアが教えます。

こんにちは。miraiです。

今日はプログラミングについて記事を書きます。

昨今IT人材不足の背景やプログラミング教育の開始などがきっかけで、個人でプログラミングを学びたいという人が昔より増えています。

プログラミングが上達する人の特徴5つを現役エンジニアが教えます。

プログラミングというのはやり始めるとわかると思いますが、プログラミングは結構頭を使う難しい作業になります。

なかなかプログラミングの勉強を始めても、上達を感じられない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プログラミングが上達する人の特徴5つを現役エンジニアの私が教えます。

プログラミングが上達する人の特徴①質問力がある人

プログラミングの勉強をしていくと、必ず誰しも以下のような壁にぶつかります。

・聞いたことのない単語がたくさんでてきてよく分からない。

・コードを書いたけどエラーが出て上手く動かない。

・そもそも自分が何が理解できているのか分からない。

上記のように、プログラミングを勉強していくとさまざまな問題が待ち受けています。

この問題や課題に対して、きちんと質問が出来るのがプログラミングが上達する人の特徴です。

しかし自分で何も調べない状態でただやみくもに質問をしてはいけません。

下記のポイントを意識しましょう。

・自分で問題について調べて分からなかったことがあれば、わかる人に質問する。

・自分で問題について調べもせずに、人に1から10まで聞いてしまうのはNG。

プログラミングが上達する人の特徴②好奇心がある人

先ほどお伝えした通り、プログラミングの上達には質問力が大切ですが、好奇心も同じくらい大切です。

何かについて質問をするということは、前提としてその質問する内容に好奇心がないとできないですよね。

プログラミングの学習をしていると、サーバー・DB・セキュリティなどプログラミング以外の知識についても学ばなければいけない場面が出てきます。

このような場面で、サーバーについては興味がないから学ばないという姿勢ではなく、サーバーの知識も持っていた方が良いなと好奇心をもてる方は、プログラミングが上達すると思います。

プログラミングが上達する人の特徴③失敗を恐れない人

プログラミングを学習している方はわかると思いますが、基本的に失敗や上手くいかないことが多いものです。

特に初心者の内は、コードを書いたり読んだりすることに慣れておらず、エラーや問題がたくさん起きることになります。

こういった厳しい現実がある中で、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていける人は、プログラミングが上達すると思います。

プログラミングが上達する人の特徴④注意力・洞察力が高い人

プログラミングとは誰しもが憶えれば簡単にできるようになるものではありません。

プログラミングは向き不向きが結構はっきりでるものだと思います。

中でも大切になってくるのが注意力や洞察力といった能力です。

これらの能力が高い人は、プログラミングを行う際に能力が役立つと思います。

理由は以下になります。

・プログラミングは1つの文字が誤っただけでエラーになるから。

・コードミス、スペルミスなどにいち早く気づくことが出来るから。

・プログラミングは高い注意力・洞察力が求められるものだから。

上記のように、注意力・洞察力はプログラミングをするうえで欠かせない能力になってきます。

プログラミングが上達する人の特徴⑤冷静で粘り強い人

先ほどお伝えした通り、プログラミングには失敗がつきものです。

たった1つのエラーを解決するために、3日ほどかかってしまうケースだってあります。

このような自分の思い通りにいかない現実について、「なんで上手くいかないんだ」と感情的にならずに、冷静な視点で粘り強くプログラムと向き合える人が、プログラミングの上達する人の特徴だと思います。

プログラミングが上達する人の特徴⑥コードの英語などにアレルギーがない人

プログラミングを知らない一般の人が、プログラムが書いてあるソースコードを見ると、見たことのない英語の羅列が書いてあると感じるでしょう。

また人によっては英語の羅列が何行も書いてあるだけで、よく分からないとプログラミングに対してアレルギー反応が出てしまうかもしれません。

このようにコードの英語に対して、マイナスの感情を持たずに向き合える人がプログラミングが上達すると思います。

まとめ:プログラミングを上達させたい方は参考にしてみて。

今回はプログラミングが上達する人の特徴5つを紹介しました。プログラミングがなかなか上達しない方は、是非今回の記事を参考にして学習を頑張ってみてください。

ではまた^

コメント

タイトルとURLをコピーしました